0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - | ↑TOP
    0
      .スナイデルがマンUへの移籍を否定「インテルで幸せ」
      マンチェスター・Uへの移籍話が浮上しているオランダ代表MFウェスレイ・スナイデルだが、所属するインテルへの残留を示唆した。オランダのラジオ番組で語っている。

       スナイデルに対しては、マンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督が獲得を熱望していると噂されている。一部では3000万ユーロ(約33億円)のオファーを準備しているとの報道も。しかし、スナイデル自身は噂話に左右されるようなことはないようだ。

      「ユナイテッドへ移籍したいのか? 美しいクラブだと思うよ」

      「でも僕はミラノで幸せなんだ。だから移籍について考えることはないよ」

      スポーツ総合・スポーツ時々大絶賛
      欧州ワンダーエキスプレス〜フットボール〜
      ・海外組〜サッカー情報〜
      メジャー君と野球ちゃん
      3Kスリーケイ

      | セリアA | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
      0
        ミラン、ロビーニョの得点で首位をキープ…ユーヴェはまさかの引き分け
         
        イブラ不在でも強いミラン
        続きを読む >>
        | セリアA | 14:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
        0
          レオナルド:「モウリーニョ復帰は歓迎」
          シーズン後の去就が噂されるインテルのレオナルド監督が、ジョゼ・モウリーニョ現レアル・マドリー監督の復帰について「歓迎する」と語った。またレオナルド監督は、セリエA残りの5試合すべてで勝利を目指すと意気込んでいる。

          チャンピオンズリーグがベスト8敗退に終わり、スクデット獲得の可能性も薄くなったことで、進退が取りざたされているレオナルド監督。だが、3位を争う直接対決となったラツィオとのセリエA第34節を翌日に控え、同監督は前日会見で勝利が必要だと語るとともに、噂されるモウリーニョ監督の復帰に前向きな姿勢を示した。

          「もちろん、残り5試合で(首位ミランとの)勝ち点8差を挽回するのは難しい。だが、今からシーズン終了まで、我々は勝つことだけを考えなければいけない。ほかに選択肢はないんだ。4位になる恐れ? 繰り返す。勝つことだけを考えており、計算はしていない」

          「確かに我々は疲れているが、たとえば(コッパ・イタリア準決勝ファーストレグの)ローマ戦では、試合を物にするためにプラスの何かを出すことができた。残り試合でうまくやれるように願っている」

          「ジョゼのことがまだ話題になるのは当然だ。いつか彼がインテルへ戻ってくるというなら、常に歓迎されるだろうし、私が誰より先に(復帰に)『イエス』と言うよ。このクラブの大事な一部分であり、彼をインテルから引き離すことはできないんだ」

          一方で、レオナルド監督はサントスMFガンソの獲得などについて、次のように述べている。

          「以前には彼とコンタクトを取ったけど、今は具体的なことは何もない。マーケットについて考えるのはもっと先だ。チーム(の改革)についても話すには早すぎると思う。3週間前まで、すべての選手たちが怪物だと言われていたんだよ。私の今後についても、今は考えるつもりはない」


          レオナルドは長友を拾ってくれた・もう1シーズン

           スポーツ総合・スポーツ時々大絶賛
          欧州ワンダーエキスプレス〜フットボール〜
          ・海外組〜サッカー情報〜
          メジャー君と野球ちゃん
          3Kスリーケイ

          | セリアA | 14:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
          0
            インテル、スタンコヴィッチ弾で決勝進出にリーチ 長友はフル出場/コッパイタリア

            コッパイタリアは現地時間19日(以下現地時間)に準決勝ファーストレグの1試合が行なわれ、長友佑都が所属するインテルがローマを敵地で1対0と下した。スタンコヴィッチの豪快なミドルで白星を飾ったインテルは、決勝進出に向けて前進している。なお、長友はこの試合でも先発フル出場を果たした。ロイター通信が報じている。

             インテルはこの試合、エトーが負傷により欠場。一方でパルマ戦を理由が不明なまま欠場したマイコンが復帰したが、同じくパルマ戦を欠場したチアゴ・モッタはベンチ入りしなかった。

             試合は開始10分、ローマに決定機を迎えられるも、ヴチニッチがこの絶好機をミスし事なきを得る。すると、前半終了間際の45分、ロングシュートを得意とするスタンコヴィッチが25メートルの距離から見事なシュートをゴール隅に叩き込み、インテルが先制に成功。後半、デロッシのハンドによるPKを主張する場面もあったインテルだが、主審の笛は鳴らず。それでも、1点のリードを守り切って敵地での先勝に成功した。

             チャンピオンズリーグでシャルケ(ドイツ)を相手にベスト8敗退を余儀なくされ、国内リーグでも前節パルマに敗れて6連覇の可能性が薄くなったインテルだけに、レオナルド監督は白星を取り戻して一安心というところだろう。

             なお、長友はこの日も左サイドバックとして先発し、4試合連続でフル出場を果たしている。

             この試合のセカンドレグは5月11日に予定されているここに本文を記入してください。


            スポーツ総合・スポーツ時々大絶賛

            欧州ワンダーエキスプレス〜フットボール〜

            ・海外組〜サッカー情報〜

            メジャー君と野球ちゃん

            3Kスリーケイ

            | セリアA | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
            0
              インテルのモリーニョ復帰願望をあらためて強調 伊紙『ガゼッタ』が報じる
               
              レアルはだれが率いても無理!!
              続きを読む >>
              | セリアA | 13:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
              0
                優勝間近のミラン、FWパトが3週間の負傷離脱・・・ FWは残り二人に
                ここに本文を記入してください。現地時間18日(以下現地時間)、ミラン(イタリア)のブラジル代表FWアレシャンドレ・パトが、ハムストリングの負傷により3週間の戦線離脱を強いられることが分かった。ロイター通信が報じている。

                 現在、FWズラタン・イブラヒモヴィッチが審判への暴言で出場停止処分を受けており、今後2試合での起用が望めない状況にあるミラン。さらに、16日に行なわれたイタリア・セリエA第33節のサンプドリア戦で負傷したパトも、戦線から離脱することとなった。

                 前週末のリーグ戦で2位ナポリとの勝ち点差を「6」に広げ、2004年以来の優勝が見えてきた首位ミランだが、同クラブはパトとイブラヒモヴィッチの離脱により、前線の起用選手がロビーニョとアントニオ・カッサーノの二人のみとなってしまい、今季残り5試合に向け苦しい台所事情となってしまった。 
                インテル応援してるのでオッケー

                スポーツ総合・スポーツ時々大絶賛

                欧州 ワンダーエキスプレス〜フットボール〜

                ・ 海外組〜サッカー情報〜

                メジャー君と野球ちゃん

                3Kスリーケイ

                | セリアA | 13:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                0
                  降格危機のサンプドリア、ファンがチームバスを襲撃
                    現地時間16日(以下現地時間)のセリエA第33節・ミラン戦に0対3で敗れたサンプドリア。この試合を終えて地元ジェノヴァに戻ったチームバスが、同クラブのサポーターに襲撃されていたことが明らかになった。ロイター通信が報じている。

                   地元メディアによれば、サンプドリアのファンが選手たちを乗せたバスのガラス窓を破壊し、選手は生命の危機を感じるほど危険な状況に置かれていた模様。サンプドリアは17日に声明を発表し、「スポーツにおける成績を良くないからといって、今回チームに起こったような事件が正当化される理由はどこにもない」と遺憾の意を表した。

                   昨季はセリエAで4位に躍進したサンプドリアだが、チャンピオンズリーグにも参戦した今季は開幕から低迷。さらに、今冬の移籍市場ではリッカルド・ガローネ会長への暴言によりチームから外されていたFWアントニオ・カッサーノがミランに、FWジャンパオロ・パッツィーニもインテル(以上イタリア)へと移籍。昨季主力としてチームの躍進を支えた選手が流出していた。

                   サンプドリアは前月には成績不振を理由にドメニコ・ディカルロ監督の解任するも、成績は上向かず。16日のミラン戦での敗戦により、今季残り5試合で降格圏の18位に順位を落としている。


                  スポーツ総合・スポーツ時々大絶賛

                  欧州ワンダーエキスプレス〜フットボール〜

                  ・海外組〜サッカー情報〜

                  メジャー君と野球ちゃん

                  3Kスリーケイ

                  | セリアA | 15:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                  CALENDAR
                  S M T W T F S
                        1
                  2345678
                  9101112131415
                  16171819202122
                  23242526272829
                  3031     
                  << July 2017 >>
                  PR
                  SELECTED ENTRIES
                  CATEGORIES
                  ARCHIVES
                  RECENT COMMENT
                  • アーセナルのアルシャービンに古巣ゼニトへの復帰話が浮上
                    AtoZ (08/26)
                  同サイト内ジャンル別ニュース
                  チェック!!
                  サッカーニュース


                  サッカー・ニュース
                  チェック!!
                  モバイル
                  qrcode
                  LINKS
                  PROFILE