<< 宇佐美が結婚、19歳キャスターの田井中蘭と…G大阪 | main | チェルシーにドログバは必要か? 来週にも去就決定の可能性 >>
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - | ↑TOP
    0
      .優勝レアル、前代未聞の“大失態”パレードで国王杯を落下→破壊

      やっちゃた人、ラモス

       スペインで最も権威のある大会、「スペイン国王杯」を18シーズンぶりに制したレアル・マドリードが前代未聞の大失態をやらかしてしまった。

       レアル・マドリードは20日、中立地のバレンシアでバルセロナと対戦し、延長の末、FWクリスティアーノ・ロナウド(26)が決勝のゴールを決め、悲願の優勝を果たした。チームは試合後、マドリードに戻り、深夜に優勝パレードを行ったが、そこでまさかのハプニングが起きた。

       2階建てのオープンバスにイレブンが乗り、多くのサポーターが大歓声を送り、バスはゆっくりとマドリード市中心部のシベレス広場に進んでいた。

       先頭に立ったスペイン代表のDFセルヒオ・ラモス(24)が誇らしげに優勝カップを掲げる。だが、興奮のあまり手を滑らせたのか、カップをボロリ。ラモスは「カップが落ちた!」と絶叫したものの、歓声にかき消されて聞こえない。バスはそのまま進み、カップは右前輪に踏まれてグシャリ。栄光の国王杯は無残にもバラバラになってしまった。

       カップは純銀製で台座は木製。重さは15キロもある。1902年に始まった歴史ある大会で、カップを壊してしまったというのは前代未聞の大失態。カップを落としてしまったラモスは顔面蒼白となった。もっとも、スペイン国王杯は昨季、セビージャが5度目の優勝を飾ったため、規定により永久所持することになり、今季から新調されたもの。カップ自体に歴史はない。費用は不明だが、スペイン協会は「レアルがカップを弁償すれば、それ以上の責任を追及するつもりはない」としている。
      スポーツ総合・スポーツ時々大絶賛
      欧州ワンダーエキスプレス〜フットボール〜
      ・海外組〜サッカー情報〜
      メジャー君と野球ちゃん
      3Kスリーケイ

      | リーガ・エスパニョーラ | 12:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
      0
        スポンサーサイト
        | - | 12:40 | - | - | - | - | ↑TOP
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://wonder-expres.jugem.jp/trackback/24
        トラックバック
        CALENDAR
        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENT
        • アーセナルのアルシャービンに古巣ゼニトへの復帰話が浮上
          AtoZ (08/26)
        同サイト内ジャンル別ニュース
        チェック!!
        サッカーニュース


        サッカー・ニュース
        チェック!!
        モバイル
        qrcode
        LINKS
        PROFILE